【昭道館京都】

昭道館 京都支部

京都市武道センター 旧武徳殿

 

 

昭道館京都の歩み

昭道館京都は、成山哲郎師範より、昭道館門下の関西の学生に対し直接指導する場を設けたいとの意向があり、当時京都の学生であったⅠ氏の奮闘により、平成12年より京都市武道センターを拠点とした昭道館左京支部が誕生した、その後Ⅰ氏は初代支部代表となる。

その後、学生以外の一般の会員の入会もあり、平成24年名称を昭道館京都に改める。

 

 

現在は、男性6名・女性4名で、社会人7名・学生2名・高校生1名になっています。有段者は四段が2名、参段が4名、初段2名の少数精鋭です。

 

この他、他支部の社会人や一般の大学生、高校生及び各大学の合気道部の学生と一緒に道場で稽古しています。

京都は観光地ということもあり、観光に訪れた外国の方も多く見学に来られます。

 

とにかく、『楽しく、学ぶ』がモットーです!

笑顔が絶えない、

でも真面目に取り組む姿を見に来てください

 



立命館大学合気道同好会との関係

昭道館京都の誕生時、すでに会員であった立命館大学の学生M氏が仲間を募り、平成14年、立命館大学合気道同好会を設立しました。

現在に至るまで昭道館京都の歩みと共に立命館大学合気道同好会も発展して参りました。

昭道館京都は、立命館大学合気道同好会の主たる稽古場所として、互いに協力しあいながら、更なる発展を目指しています。

立命館大学合気道同好会のOB、OGも卒業後、昭道館京都の会員として在籍しながら現役の学生の指導に励んでいます。

 

彼らの合気道に向き合う姿勢が現役学生の卒業後の合気道人生に良い影響を与えていると思われます。

 


【代表者紹介】

国場 要

段位:四段

NPO法人昭道館合気道連盟理事

36歳から合気道を始める。

 

『みなさん、本当に楽しそうに合気道の稽古をされていますね。』と多くの方から言われるのが、とても嬉しいです。

 

※代表者というよりマネージャーです、気軽に声をかけてください。

 



【NPO法人昭道館合気道連盟】

※昭道館京都は、NPO法人昭道館合気道連盟の団体正会員です。

※京都支部会員は全員、賛助会員になります。賛助会員年会費1,000円は京都支部が全額補助しますので会員の負担はありません。

※なお、賛助会員ではなく個人正会員を選ぶこともできます。その場合個人正会員入会金もしくは年会費5,000円(入会年度は年会費負担はありません。)が必要です、京都支部は内1,000円を負担しますので個人正会員になる会員の負担は4,000円になります。